小田和正 コンサート・小田和正 たしかなこと
あなたは 小田さんのような

すてきな恋人がほしくないですか?
はい、ほしいです!
いいえ、その前に、 ダイエットします!

ちぇっくして、判定ボタンをクリック!








小田和正 コンサート・小田和正 たしかなこと

小田和正 コンサート・小田和正 たしかなこと
小田和正
ニューミュージックを代表するフォークシンガー、シンガーソングライター。元オフコースのボーカル兼リーダー。小田はフォークグループ「ジ・オフ・コース」のアマチュア音楽活動の有終の美を飾るべく、自信をもって臨んだ「ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト」で不本意にも2位になったことで、「オフコース」として、道を歩み出すことになる。オフコース時代のシングルのA面のほとんどは小田の曲であり、そのシンプルで、ストレートに愛を歌う歌詞とハイトーンの澄んだボーカルはオフコースの特色であった。オフコース時代のヒット曲には「さよなら」「Yes-No」「君が、嘘を、ついた」などがある。オフコース解散以後に活動を本格化させる。
『東京ラブストーリー』という主題歌『ラブ・ストーリーは突然に』がオフコース時代にも達成できなかった「オリコンシングルチャート第1位」と「シングルのミリオンセラー」の達成を一挙に成し遂げ、曲もヒットを重ねている。コラボレーションも行うようになった。 金沢文庫すずらん通り商店街に小田薬局で育つ。
1969年 11月2日 第3回「ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト」(LMC)全国グランプリ大会(新宿厚生年金会館大ホール)で赤い鳥に次いで、第2位と最優秀歌唱賞を受賞する。
小田和正 オフコース時代
1970年 「ジ・オフ・コース」というグループ名で(作詞:山上路夫・作曲:BETTY DEAN・編曲:馬飼野俊一)でデビュー。
その後オフコースとしてアルバムを発売するも、時代が続いた。
いたので、オフコースのようなストレートに愛を歌うグループは冷ややかに見られ、客席から「帰れ!」とブーイングされたこともあったという。井上陽水の活躍を横目に辛い時期を過ごしていた。
地道にコンサート活動を続けてきた結果、徐々に『眠れぬ夜』、『秋の気配』、『愛を止めないで』とスマッシュヒットを重ね、1979年12月に発売されたシングル『さよなら』(小田和正 作詞・作曲)が72万枚(オリコン最高位2位)の大ヒット、一躍人気ニューミュージックバンドとなった。 シングルA面は主に小田が手掛けており、『Yes-No』、『I LOVE YOU』、『YES-YES-YES』、『言葉にできない』、『君が、嘘を、ついた』、『君住む街へ』などのヒット曲を生み出す。
転調を多用した印象的なメロディや、行間のある叙情的な作詞は、オフコース時代に小田和正のものとなった。
1981年 11月23日 NHK教育テレビのドキュメンタリー番組『若い広場』でオフコースとして初めてのテレビ出演。
1982年
1月22日〜6月30日まで、「Off course Concert 1982 “over”」 全国28ヶ所69回公演の全国ツアーを行う。
9月3日、ファンクラブの手伝いを女性と結婚。
翌1986年にシングルでソロデビュー。1989年、オフコース解散とソロ活動を本格化させる。楽曲『ラブ・ストーリーは突然に』が、ドラマと見事なコラボレーションを成し、ドラマ・主題歌共に大ヒット。
オフコース時代に叶わなかった、「オリコンシングルチャート第1位」と「シングルミリオンセラー突破」を一挙に成し遂げた。 その後は、楽曲はドラマ・CMなどに積極的に採用され、『伝えたいことがあるんだ』、『キラキラ』、『まっ白』などのヒット曲を生み出している。
オフコース時代を含む過去の楽曲を集め、新アレンジで原曲をファンからは賛否両論を呼びつつも、幅広い年代に支持される小田サウンドの力を見せつけた。
2005年にはオリジナルアルバム『そうかな』、2007年にはシングル『こころ』で、それぞれオリコンチャート週間1位を獲得。
楽曲が注目・起用されがちな日本の同世代アーチストの中で、新曲で音楽シーンに存在感を示すことができる貴重な存在となっている。獲得は、小田の音楽キャリア史上初。
売上げ36.5万枚
1991年 シングル 『Oh! Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に』 - 「オリコン シングルチャート週間1位」「年間シングルチャート1位」 ソロで初の1位獲得、270万枚を売り上げ、当時のシングルCD・レコード売上枚数記録史上、過去最高記録達成。
オリコンチャート週間1位の最年長記録は、小田和正が有している。
交流が急速に活発化する。
島倉千代子や楽曲を全面的にプロデュースする他、佐藤竹善らとコラボレーションする。
泉谷しげるらとのチャリティライブ、スターダストレビュー、CHAGE and ASKA等とのジョイントライブや音楽イベントに積極的に参加するようになった。

小田自身のソロライブでも、コーラスに安部恭弘、佐藤竹善、山本潤子、加藤いづみらを起用している。
表現にはオフコース時代から積極的に取り組んでおり、当時としては珍しい、楽曲のビデオクリップ制作などに注力していた。
映画にとりかかるという話は聞かれるが、2007年3月現在、具体的な話は始まっていないようである。
活動Far East Café というカフェを経営している。
カフェでは飲み物は様々な小田和正グッズも販売されている。おり、日々の活動などが伝えられている(ファンクラブと銘打っていないが、コンサート・チケットの優先販売もPress購読会員向けに行なっている)。
明治安田生命 小田和正  小田和正 全国ツアー  小田和正 ダイジョウブ  小田和正 チケット  小田和正 視聴 
小田和正 声について高音をファルセットを使わず素直に出せる澄んだ歌声が特徴で、天性のものと言うほかない。
オフコース初期には、バンドに女性ボーカルがいると間違われることもしばしばだったという。歌声に、変声期を経ずに成長したのではとの見方もあり、自身も音楽評論家の小貫信昭のインタービュー本『たしかなこと』で「変声期があった記憶がないので、声変わりしていないと思う」との旨を述べているが、2005年のコンサート中のMCにて「医者に尋ねてみたが、声変わりしていないという事は有り得ないそうだ」と、その認識に変化があった様子を伺わせた(発声器官が生来しっかりしていたため、声変わりしても元の音域で話せたせいで、声変わりに気づかなかっただけという可能性が指摘されている)。聞こえ、歌声とのギャップが大きいと感じる人が「どうしたら高い声で歌えるのか」という質問をよくされるが、「僕はただシャウトしているだけ」と答えている。東北大学時代は混声合唱団でテノールを担当していた。
小田和正 ファンクラブ  小田和正 歌詞  小田和正 ライブ  小田和正 言葉にできない 小田和正 cm
小田和正 交通事故 1998年7月22日夜、愛車セルシオを自身で運転して事務所・関係者らとの恒例行事「DEATH MATCH」 (ゴルフコンペ)開催のゴルフ場へ向かうため、栃木県都賀町の東北自動車道下り線を走行中、自損事故を起こし、全治4週間の重傷を負う。おり、80キロの速度規制が出されていたところを、20キロオーバーの100キロ前後で走行しており、スリップしてコントロールを失い、ガードロープに接触した。入院を経た後奇跡的な回復を見せ、同年9月12日、福岡県にある「海の中道」で行われた、スターダスト・レビューとのジョイントコンサートで、完治していない不自由な体ながらも見事に歌手活動に復帰した。贈りもの (1988年3月5日) Little Tokyo(1989年10月18日) 君にMerry Xmas (1989年12月1日) 恋は大騒ぎ (1990年2月21日) Oh! Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に (1991年2月6日) あなたを見つめて (1991年11月20日) いつか海辺 (1997年5月21日) 伝えたいことがあるんだ (1997年7月24日) 緑の街 (1997年8月29日) こんな日だったね (1999年10月21日) woh woh (2000年3月23日) 風の街 (2001年3月7日) キラキラ (2002年2月27日) まっ白 (2004年2月25日) たしかなこと (2005年5月25日) ダイジョウブ (2007年4月25日) こころ (2007年8月15日) 小田和正 オリジナルアルバム
K.ODA (1986年、オフコース時代に製作) BETWEEN THE WORD & THE HEART (1988年、オフコース時代に製作) Far East Café (1990年5月9日) sometime somewhere (1992年1月25日) MY HOME TOWN (1993年10月27日) 個人主義 (2000年4月19日) 相対性の彼方 (2005年6月15日)
小田和正 ベストアルバム
Oh! Yeah! (1991年2月6日) 伝えたいことがあるんだ (1997年11月21日) 自己ベスト (2002年4月24日) 自己ベスト-2 (2007年11月28日発売予定) 小田和正 自己ベスト 小田和正 自己ベスト2    小田和正 クリスマスの約束 2007  小田和正 クリスマス  小田和正 セルフカバーアルバムLOOKING BACK (1996年2月1日) LOOKING BACK 2 (2001年5月16日) 小田和正 カバーアルバム21世紀への贈りもの OFF COURSE Melodies ラブ・ストーリー ~小田和正ソングブック~
小田和正 コラボレーション
今だから(シングルレコード)(1985年、松任谷由実・財津和夫との共作 編曲は坂本龍一 未CD化)オリコン最高位1位 売り上げ36.5万枚 僕らがあの日のように(8cmCD)(1993年、飛鳥涼(現:ASKA)らとのユニット「USED TO BE A CHILD」名義) クリスマスが過ぎても(8cmCD)(1996年、佐藤竹善とのユニット「PLUS ONE」名義) この日のこと(未CD化)(2001年、『クリスマスの約束』テーマソング。作詞・作曲:小田和正。21組のアーティストと合唱) クリスマスの約束 (2003年、『クリスマスの約束』内で一度だけ披露した、ゆずとのコラボレーション曲。2006年11月29日にゆずおだ名義でCDシングルとして発売) 月見ヶ丘(2006年11月29日発売スキマスイッチの3rdアルバム「夕風ブレンド」に収録。コーラスとして参加 小田和正 時をこえて  小田和正 コンサート情報  小田和正 cmソング  tbs 小田和正 
僕らなら (クリスマスの約束2006でスキマスイッチと共同制作)
カオ上げて (2007年3月28日佐藤竹善シングル「FOUR WORLDS」のカップリングに佐藤竹善とのユニット「PLUS ONE」名義で発売。スキマスイッチの大橋卓弥がコーラスで参加。2007年6月20日発売のアルバム「INDIGO」にも収録)
おやすみ(2007年4月25日発売松たか子の8thアルバム「Cherish You」に収録。作詞・作曲:小田和正。コーラスとしても参加。スターダストレビューの根本要もコーラスで参加。)
蘇州夜曲(2007年10月17日発売「服部良一 〜生誕100周年記念トリビュート・アルバム〜 [Compilation] 」に収録) 小田和正 自己ベスト 小田和正 自己ベスト2    小田和正 クリスマスの約束 2007  小田和正 クリスマス小田和正 コンサート 小田和正 ツアー 年 タイトル 公演規模 公演日程 会場 備考
1990年 第一生命サウンドスペシャルK.ODA TOUR 1990 Far East Club Band 全国40ヶ所、56公演 5月31日-11月7日 千葉県文化会館、宇都宮市文化会館、福岡サンパレス、長崎市公会堂、鳥栖市民文化会館、熊本市民会館、長崎市公会堂、鹿児島市民文化ホール、四日市市文化会館、岐阜市民会館、静岡市民文化会館、松本社会文化会館、長野県民文化会館、大宮ソニックシティ、群馬県民会館、山梨県民文化会館、高知県民文化ホール、徳島市文化センター、香川県県民ホール、松山市民会館、大阪フェスティバルホール、神戸国際会館、北海道厚生年金会館、神奈川県民ホール、石川厚生年金会館、福井フェニックスプラザ、富山市公会堂、新潟県民会館、徳山市文化会館、メルパルクホール広島、倉敷市民会館、京都会館、岩手県民会館、青森市文化会館、秋田県民会館、郡山市民文化センター、仙台イズミティ21、横浜アリーナ[1]、名古屋市民会館、大阪城ホール、日本武道館 小田和正 ファンクラブ  小田和正 歌詞  小田和正 ライブ  小田和正 言葉にできない 小田和正 cm 1991年 第一生命サウンドスペシャル Sometime Somewhere K.ODA TOUR FAR EAST CLUB BAND 1992 全国33ヶ所、59公演 12月1日-1992年4月25日 大宮ソニックシティ、市川市文化会館、福井フェニックスプラザ、伊那文化会館、長野県民文化会館、郡山市民文化センター、仙台サンプラザ[2]、新潟県民会館、北海道厚生年金会館、神奈川県民ホール、名古屋国際会議場センチュリーホール、静岡市民文化会館、京都会館、神戸国際会館、広島厚生年金会館、愛媛県民文化会館、徳島市文化会館、福岡サンパレス、大阪フェスティバルホール、名古屋市民会館、秋田県民会館、岩手県民会館、青森市文化会館、国立代々木競技場第一体育館、鹿児島市民文化ホール、宮崎市民会館、大分文化会館、長崎市公会堂、日本武道館 1995年 FUN MORE TIME! KAZUMASA ODA TOUR 1995 全国36ヶ所、60公演 1月7日-5月23日 群馬県民会館、宇都宮市文化会館、アクトシティ浜松、静岡市民文化会館、北海道厚生年金会館、大宮ソニックシティ、仙台サンプラザ、新潟県民会館、神奈川県民ホール、徳山市文化会館、岡山市民会館、広島厚生年金会館、四日市市文化会館、岐阜市民会館、鳥取県民文化会館、島根県民会館、神戸国際会館[4]、府中の森芸術劇場どりーむホール、近江八幡市文化会館、徳島市文化センター、高知県民文化会館オレンジホール、松山市民会館、香川県県民ホール、鹿児島市民文化ホール、熊本市民会館、福岡サンパレス、名古屋国際会議場センチュリーホール、青森市文化会館、岩手県民会館、京都会館、長野県民会館、松本文化会館、大阪フェスティバルホール、福井フェニックスプラザ、富山市公会堂、石川厚生年金会館、日本武道館[5]、大分文化会館、宮崎市民会館、長崎市公会堂、佐賀市文化会館、郡山市文化センター、宮崎県民会館 以後「ご当地紀行」と呼ばれる、ツアー先の名所などを小田が訪れたVTR上映がスタートした。
1997年 日産エルグランドPresents 小田和正 自己ベスト 小田和正 自己ベスト2    小田和正 クリスマスの約束 2007  小田和正 クリスマス  K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW 全国50ヶ所、65公演 9月2日-1998年2月3日 神戸国際会館ハーバーランドプラザ、島根県民会館、鳥取県民会館梨花ホール、守山市民ホール、和歌山市民会館、宇都宮市文化会館、山形県民会館、青森市民会館、岩手県民会館、仙台サンプラザ[7]、北海道厚生年金会館、旭川市民文化会館、富山オーバードホール、長野県民会館、山梨県立県民文化ホール、ひたちなか市文化会館、市川市文化会館、豊橋勤労福祉会館、三重県文化会館大ホール、岐阜市民会館、静岡県民文化会館大ホール、秋田県民会館、郡山市民文化センター、群馬県民会館、金沢市観光会館、福井フェニックスプラザ、新潟県民会館、佐賀市文化会館、大分市文化会館、京都会館、大宮ソニックシティ、高知県立文化化会館オレンジホール、徳山市立文化センター、香川県民ホール、山口市民会館、松山市民会館、倉敷市民会館、広島厚生年金会館、福岡サンパレス、九州厚生年金会館、東京国際フォーラム・ホールA、名古屋市民会館、大阪フェスティバルホール、パシフィコ横浜国立大ホール、アクトシティ浜松、名古屋国際会議場センチュリーホール、宮崎市民文化ホール、鹿児島市民文化ホール第1ホール、長崎市公会堂、熊本市民会館、奈良県文化会館、日本武道館 日本武道館公演で、ステージ上に客席を設ける試みがなされ、以後オンステージシートとして定着していくことになる。 2000年 SAME MOON! KAZUMASA ODA TOUR 2000 全国45ヶ所、59公演 5月11日-10月12日 千葉県文化会館、大阪フェスティバルホール、びわ湖ホール・大ホール、名古屋国際会議場センチュリーホール、長良川国際会議場・メインホール、神奈川県民ホール、大宮ソニックシティ、東京国際フォーラム・ホールA、北海道厚生年金会館、日本武道館[8]・他 2002年 ファミリーマート Presents 小田和正 時をこえて  小田和正 コンサート情報  小田和正 cmソング  tbs 小田和正  K.ODA TOUR 2002 「Kira Kira」 全国25ヶ所、39公演 5月2日-8月18日 SHIBUYA-AX、米子コンベンションセンター、Zepp FUKUOKA、北海道厚生年金会館、東京厚生年金会館、パシフィコ横浜国立大ホール、石川厚生年金会館、名古屋国際会議場センチュリーホール、さぬき市野外音楽広場・テアトロン、大阪城ホール、国立代々木競技場第一体育館、愛知県体育館・他 このツアーから、小田のコンサート会場では、オンステージ・シート及び、客席内に花道が設置されるのが恒例となっていった。 2005年 明治安田生命Presents KAZUMASA ODA TOUR 2005
"大好きな君に" 全国20ヶ所、40公演 6月3日-12月22日 静岡エコパアリーナ、マリンメッセ福岡、朱鷺メッセ・新潟コンペディションセンター、さぬき市野外音楽広場・テアトロン、パシフィコ横浜国立大ホール、万博記念公園もみじ川芝生広場、名古屋港オープンエアパーク、真駒内アイスアリーナ、仙台市体育館、広島グリーンアリーナ、沖縄コンベンション劇場、日本武道館、大阪城ホール、名古屋市総合体育館レインボーホール・他 動員数約32万人。
小田和正 ファンクラブ  小田和正 歌詞  小田和正 ライブ  小田和正 言葉にできない 小田和正 cm
小田和正 野外コンサート 年 形態 タイトル 公演規模 公演日程 会場 ゲスト 協賛
1992年 スタジアム MY HOME TOWN KAZUMASA ODA/FAR EAST CLUB BAND 全3公演 8月25日、8月29日-8月30日 阪急西宮スタジアム、横浜スタジアム 鈴木雅之(8月29日)、徳永英明(8月30日) 第一生命、三菱自動車
2000年 カウントダウン ちょっと寒いけどみんなでSAME MOON! 12月31日-2001年1月1日 横浜・八景島シーパラダイス特設会場 山本潤子、鈴木雅之、佐橋佳幸 明治生命、日本中央競馬会 明治安田生命 小田和正  小田和正 全国ツアー  小田和正 ダイジョウブ  小田和正 チケット  小田和正 視聴  小田和正 他アーティストとのジョイント
FM仙台 20th Anniversary / 仙台放送 40th Anniversary - Super Collaboration 「FROM S」。その他の出演者:稲垣潤一、清貴、坂本サトル、ハウンド・ドッグ、中川晃教(2002年8月31日、スポーツランドSUGO)。
サウンドコニファー229〜青春の影〜 CHAGE and ASKAと共演。財津和夫が飛び入り出演(2003年8月9日、富士急ハイランド・コニファーフォレスト)
LIVE KiroroKobukuro LIVE in EXPO'70にゲスト出演。Kiroro、コブクロ、佐藤竹善、夏川りみらと共演(2004年8月12日、大阪・万博記念公園もみじ川芝生広場)
Golden Circleにゲスト出演。寺岡呼人、スキマスイッチ、亀田誠治、ミドリカワ書房と共演(2005年11月20日、品川ステラボール)
スターダストレビュー結成25周年記念ライブ『25年に一度の大感謝祭 6時間ライブ おやつ付き』にゲスト出演。オダレビ(小田とスタレビのジョイントユニット)としてそれぞれの代表曲を演奏したほか、このイベントのために即興で作った『思い出はうたになった』(未発表曲)を根本要とデュエット(2007年5月19日、さいたまスーパーアリーナ)
東北大学創立100周年記念祝賀会(野外)の坂本サトルのコンサートに飛び入り出演 (2007年8月26日、東北大学片平キャンパス・屋外特設ステージ)
京都音楽博覧会にてくるりと共演(2007年9月23日、京都梅小路公園)

小田和正 チャリテイコンサート
アフガニスタン復興支援のためのチャリティーコンサート (2003年5月4日 早稲田大学戸山キャンパス内記念講堂)小田和正の公式メッセージ

小田和正 脚注
^ 東京公演として。
^ 1991年12月に2公演、1992年に1公演実施。
^ 最終公演でCHAGE and ASKAがゲスト出演。3人で『SAY YES』を歌う。
^ 阪神淡路大震災による倒壊のため中止。その後、1999年6月に新装し、『FUN MORE TIME! FINAL』として改めて行われた。ちなみにこのときのゲストは泉谷しげる。
^ この時は4月と5月に2公演ずつ行われた。
^ 前回のツアー終了後、次にツアーをやるときには神戸から始めたいという小田の申し出から実現したもの。
^ 9月20日の公演が小田の50歳の誕生日ということもあり、アンコールの前にスタッフが用意したバースデーケーキとファンからのハッピーバースデーの大合唱に驚く場面があった。
^ 最終公演で、アンコールの最中にカウントダウン・コンサートの開催を発表し、観客を驚かせた。
^ 明治生命も協賛。
^ 当日は渋谷の街頭ビジョンにて生中継された。
^ 7月、9月、12月にそれぞれ2公演ずつ行われた。

小田和正 テレビ番組
小田和正 テレビでの活動
オフコース時代よりテレビというメディアには不信感を抱いており、めったに出演しないことで有名であったが、ソロ活動を始めて以降、ネスカフェのCM出演を皮切りに、自身の露出にも関心を持つ。しかしいわゆる普通の音楽番組にはほとんど出演しないことからも分かるように、制作段階から自身の構想や意見を反映できる余地のないオファーは論外のようだ(ネスカフェのCMも、自分の注文が受け入れられたからOKしたと語っている)。
明治安田生命 小田和正  小田和正 全国ツアー  小田和正 ダイジョウブ  小田和正 チケット  小田和正 視聴 
2001年『クリスマスの約束』の成功により番組は毎年制作され、ファン層の広がりやCDの売り上げなど、テレビ出演が自身の音楽活動に強く影響することを実感したと思われる。2004年には『クリスマスの約束』の発展形である『風のようにうたが流れていた』を、3ヶ月間毎週放送の自身初TVレギュラー番組として制作。制作に当たっては、時間的制約の中で選曲や練習、観衆の中での本番と、大変な奮闘だったようだが、ここでもまた達成感と共に意識変化があったと見え、「やるかやらないか」の選択時「やらなければ"ゼロ"、やれば"何か"が残る」と、積極的なコメントが聞かれるようになった。2005年には17年ぶりに企業CM出演の依頼も引き受けた。小田和正 自己ベスト 小田和正 自己ベスト2    小田和正 クリスマスの約束 2007  小田和正 クリスマス  2005年末に一部で、NHK紅白歌合戦より出演依頼を受けているとの噂が流れた。小田和正やオフコースの曲が、同年新企画の視聴者アンケート「スキウタ」上位にランクインしたためである。ファンの間では賛否両論あったが、結局出演することはなかった。小田自身はこの番組に対しコンサートで「大きな偏見を持っている」と話している。 小田和正 ファンクラブ  小田和正 歌詞  小田和正 ライブ  小田和正 言葉にできない 小田和正 cm 小田和正 クリスマスの約束 2001年、「他にはない音楽番組を」というTBSの提案により、TBS系列の番組『クリスマスの約束』が制作された。日本の音楽シーンを代表し、かつ小田和正自身が歌いたいと思う楽曲7曲を独自に選出し、そのアーティスト達に自筆の手紙を書くところから始まった。長年確執があると言われてきた山下達郎をはじめ、SMAP、サザンオールスターズ、松任谷由実、宇多田ヒカル、福山雅治、Mr.Childrenといった有名アーティスト本人に直接出演依頼し、一緒に歌いたい・新たな音楽番組を作りたいと呼びかけた。しかしそれぞれの都合で、全てのアーティストが出演辞退。一組のゲスト出演も叶わず、TBSは不承不承、本人は気持ちを切替え「一人でやってみせる」との意気込みで、一夜のスペシャルライブが東京ベイNKホールで開かれ、制作過程のドキュメントシーンを織り交ぜ12月25日深夜に放送された。山下達郎からの丁重な断りの手紙を読み上げ、彼の代表曲『クリスマス・イブ』を歌うシーンが最大の山場となった。福山雅治よりの辞退の手紙や、宇多田ヒカルが辞退の挨拶のため小田の元を訪れたというエピソードも紹介された。また、番組のテーマ曲制作のため、山本潤子、加藤いづみ、財津和夫、CHAGE and ASKA、鈴木雅之、佐藤竹善など普段から親交の深いアーティストや、コブクロ、Kiroroなど小田が気になる若手アーティストらに協力を呼びかけ、これに応えた21組のアーティストにより、『この日のこと』(作詞・作曲:小田和正)が生まれた(未CD化)。それまでほとんど「自分の曲」しか歌わなかった小田和正が、他人の曲を、自身の世界に引き寄せつつも、アーティストに敬意を表して懸命に丁寧に歌う姿が人々の心を捉え、事前の番組宣伝がほとんど無いままでの深夜枠の放送であったにもかかわらず、感動の声がTBSに多数寄せられた。(リクエストに応え、2002年2月16日(土)14:00〜 「完全版」として再放送された) 小田和正 時をこえて  小田和正 コンサート情報  小田和正 cmソング  tbs 小田和正 
2002年は、当初からゲストなしの企画。自身で選曲した中島みゆき、吉田拓郎、椎名林檎などの曲を歌った。前年の放送後まもなく届いたという桜井和寿よりの手紙を読み、Mr.Childrenの『HERO』を歌う場面が山場であった。12月25日深夜に放送。
2003年でようやく念願が叶ってゲストとのコラボレーションが実現。ゲストはゆず、財津和夫、スターダスト・レビューの根本要、Mr.Childrenの桜井和寿。アーティストはどんな曲が好きなのかとのアンケートを取り、その結果を選曲やゲスト招聘の参考とした。またこの年は、ゆずとのコラボレーション(共同制作)曲『クリスマスの約束』が披露された(CD化の詳細はコラボレーションの項を参照されたし)。初回以来この年まで、収録場所は東京ベイNKホールが定着し、山下達郎の『クリスマス・イブ』も歌い続けた。
2004年には初のレギュラー番組としてTBS系列で『風のようにうたが流れていた』(全11回)をオンエア。この年の『クリスマスの約束』は『風のようにうたが流れていた』の総集編となった。
2005年は、同年の小田和正の全国ツアー「大好きな君に」を基本にしたセットリストで、さいたまスーパーアリーナでライブ収録して編集、放送された。ツアー中に各会場でゲストとして登場したムッシュかまやつ、松たか子、財津和夫、根本要、ゆず、スキマスイッチ、星野仙一らの映像が流された他、当日唯一のゲストとしてSMAPの中居正広が出演、二人で『夜空ノムコウ』を歌った。12月25日が連休の最終日に当たったためか12月22日深夜に放送。
2006年は、「メッセージ」というテーマが決められ、いきものがかり、松たか子、斉藤哲夫、スキマスイッチ、4組のゲストとの共演が番組構成のメインとなった。放送では、ゲスト達が持ち歌を歌い、小田が伴奏・コーラスをするという場面も多く、これまでの「小田が孤高に他アーティストの曲を歌う番組」という印象とは変化が見られた。12月28日深夜に放送。

小田和正 ドキュメンタリー制作
彼が制作したドキュメンタリーは好評を博し、プロゴルファー青木功のキャディをつとめた時のドキュメンタリー『キャディ』(1994年、テレビ東京系)や、チャリティライブ制作のドキュメンタリー『日本をすくえ』(1994年、テレビ朝日系)は話題となる。


小田和正 主な出演番組
FNS歌謡祭(1991年12月、フジテレビ)
追いかけて、追い続けて〜小田和正の世界(1992年1月24日、NHKBS2)
ファンを公言する小宮悦子によるロングインタビュー(小宮のテレビ朝日退社後、フリーとしての初仕事となった)がメイン。その他、映画「いつか どこかで」監督風景や、Far East Club Band リハーサル・ライブの映像(インタビュー以外は、後述の「音楽達人倶楽部」で放送されたものとほぼ同一)。
音楽達人倶楽部「小田和正」(1992年2月6日、NHK) 映画「いつかどこかで」監督風景やFar East Club Band リハーサル・ライブ映像
キャディ 青木功/小田和正 〜怒られて、励まされて、54ホール (1994年5月5日、テレビ東京)
日本をすくえ(1994年9月14日、テレビ朝日)
クリスマスの約束(2001年〜、TBS)毎年12月放送
月曜組曲「風のようにうたが流れていた」(2004年10月〜12月、TBS)全11回
にんげんドキュメント「小田和正 58歳を歌う」(2006年1月22日、NHK総合)(2006年1月26日、NHKBS2)
居酒屋の星野仙一(2006年1月26日、NHKBS2)
小田和正 CM 明治安田生命 小田和正  小田和正 全国ツアー  小田和正 ダイジョウブ  小田和正 チケット  小田和正 視聴  小田和正 本人出演 ネスカフェ ゴールドブレンド 1988年 曲:『goodtimes & badtimes』 1989年 曲:『Little Tokyo』 第一生命 1989年 曲:『君にMerry Xmas』〈クリスマス2日間限定〉
1991年 曲:『Oh! Yeah!』 1992年 曲:『my home town』
アルバム「Oh! Yeah!」 (1991年)曲:『Oh! Yeah!』 アルバム「自己ベスト」 (2002年)
アルバム「そうかな」 (2005年) トヨタ アリオン (2005年)曲:『Re』 シングル「こころ」 (2007年)
小田和正 ファンクラブ  小田和正 歌詞  小田和正 ライブ  小田和正 言葉にできない 小田和正 cm
小田和正 楽曲提供 第一生命 1986年 『哀しみを、そのまま』 (野球編ラグビー編=野球編は小田自身の演出)
1988年 『僕の贈りもの』 (卒業編)
1990年 『恋は大騒ぎ』(仲直り編床屋編=小田自身も出演。仲直り編は小田自身の企画、演出による)
1991年 『いつか どこかで』(小田が提供した映画『いつか どこかで』の撮影風景を使用)
三菱自動車 ミラージュ 1991年 『風と君を待つだけ』 1993年 『だからブルーにならないで』
シャープ 液晶ビューカム 1993年 『風の坂道』 味の素 ほんだし 1993年 『またたく星に願いを』
日産自動車 エルグランド 1997年 『風のように』 1999年 『こんな日だったね』
JRAブランドCM 2000年 『woh woh』、『19の頃』 2001年 『風の街』 明治生命
2000年〜2003年 『言葉にできない』(一時期、小田のライブ映像が使われた)
明治安田生命 2004年〜 『たしかなこと』 ハウス食品 北海道シチュー 2003年 『大好きな君に』
日本コカ・コーラ 緑茶「一(はじめ)」 2006年3月〜6月 オリジナル新曲
名古屋鉄道 2006年 『大好きな君に』 小田和正 その他の楽曲
横浜創学館高等学校愛唱歌「遥かな想い」 小田和正 時をこえて  小田和正 コンサート情報  小田和正 cmソング  tbs 小田和正  慶応義塾ニューヨーク学院愛唱歌「遥かな想い」英訳版
早稲田大学グリークラブ創立100周年記念楽曲 小田和正 映像作品 小田和正 ライブ映像
K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW(1998年6月24日-1998年2月3日、東京国際フォーラム・ホールAにて収録)
小田和正 カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけどみんなで SAME MOON!(2001年5月16日-2000年12月31日〜2001年1月1日、横浜・八景島シーパラダイス特設会場にて収録)
小田和正 テレビ番組 風のようにうたが流れていた DVD-BOX(2005年)
小田和正 監督映画 いつか どこかで (1992年) 緑の街 (1997年)
小田和正 ファンクラブ  小田和正 歌詞  小田和正 ライブ  小田和正 言葉にできない 小田和正 cm
小田和正 関連書籍 Time can't wait (小田和正 著、1990年初版、朝日新聞社)
キャディ (小田和正 著、1994年初版、スタジオシップ) YES-NO 小田和正ヒストリー (小貫信昭 著、1998年初版、角川書店) たしかなこと (インタビュアー/著 小貫信昭、2005年初版、ソニー・マガジンズ)
小田和正歌詞集 風うた〜恋〜(小田和正 著/、2006年初版、主婦と生活社)
小田和正全詞集 大切なことば (小田和正 著/、2007年初版、ジービー)
小田和正 関連項目 オフコース 小田和正 関連人物
オフコース時代のメンバー 鈴木康博 Acoustic Beatles Club 清水仁 大間ジロー 松尾一彦 楽曲のプロデュースを担当
小田和正 自己ベスト 小田和正 自己ベスト2    小田和正 クリスマスの約束 2007  小田和正 クリスマス 
鈴木雅之 佐藤竹善 ハイ・ファイ・セット 山本潤子
島倉千代子 中村雅俊 松たか子 時任三郎 中西圭三 ぢ・大黒堂 坂本サトル イルカ 加藤いづみ KAT-TUN RAG FAIR
小田和正 コンサート 小田和正 ツアー  小田和正 クリスマスの約束  小田和正 こころ 小田和正 たしかなこと  「クリスマスの約束」「風のようにうたが流れていた」で共演 山本潤子(元Hi-Fi SET) CHAGE and ASKA 坂崎幸之助(THE ALFEE) 大友康平(HOUND DOG) 大江千里 監督作「緑の街」にも出演する。 根本要(STARDUST REVUE)
佐藤竹善(Sing Like Talking) いきものがかり 松たか子 斉藤哲夫 スキマスイッチ 辛島美登里
川村結花 加藤いづみ 岡本真夜 山口由子 Kiroro SURFACE コブクロ 坂本サトル 石原千宝美 ゆず
財津和夫(TULIP) 桜井和寿(Mr.Children) Vlidge 島倉千代子 ムッシュかまやつ 鈴木雅之(元RATS&STAR)
中居正広(SMAP) 斉藤哲夫
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。